ポールダンスの授業を受けることで、より良い人間になりました

私はポールクラスを取ることを人々に教えるとき、彼らは2つの方法のうちの1つに反応します:彼らはそれがクールで印象的だと思っています(そしてその人々は最高の種類の人々です、正直なところ)エキゾチックなダンサーになるためのトレーニング。私は激しい業界でどのように働いているのか、常にバックアップ計画を立てるべきなのかどうかについて、ちょっとした返事をしますが、正直言って、私はそのダンサーに敬意を払っています。彼らは私が夢見ることができるスキルと上体の強さを持っています、そして、彼らは顧客からの確かに不気味な進歩に対処しながら、パワー移動後に辛抱強くやっている力移動を簡単な作業ではありません。私は続けることができるが、それは別のエッセイである.

私は仕事と奇妙で、厄介な関係があります。私はそれについて数回前に書いてきましたが、私はここで細部のすべてを再ハッシュすることを避けるでしょう。要するに、私が過度の点までそれをやっている間に本当に幸せな媒体ではなかった、または悲しい状態に退行することを恐れて、私は一度、食欲抑制剤を含む低カロリーの食べ物を交互にノルム気まぐれに、私は人として私を変える方法を完全には理解していない、ポールクラスを始めました。.

チーズは地獄だが、本当だ.

ブルックリンのグリーンポイント地区にあるガーデンエリアの後ろには、Incredipoleのスタジオがあります。これは、他の生徒たちが「ツリーハウス」として愛用しているとよく聞きました。それは1つのように感じるので、説明は適切です。どうやら、スタジオは以前は教会であり、偶然私は毎週日曜日にそこにいるので、この時点で私の宗教になるかもしれません。天井が高く、豪華な木製の梁が部屋を飾っています。運が良ければ、ジプシーという名前のもっともかわいい犬がゲスト出演し、ストレッチの間で各生徒に挨拶します。私は別のスタジオでポールを取っていて、それはうまく好きでしたが、いくつかのクラスに追いつくことができませんでした。そして、一度好きなインストラクターが辞めたら、私はずっと行きませんでした。私はIncredipoleに行って以来、毎週末にはクラスをやっていて、週末にはFOMOを狂った程度にしています.

ビデオ:私たちはそれを試しました:ビヨンセのような有名人振付師Aisha Francisとのダンス

関連性:なぜ私は走ってもフィットネスとは何の関係もない

授業の最初の数分間は、ウォームアップしてマットを伸ばす。これはインストラクターやクラスによって異なりますが、一般的には、胸を開き、手首を緩め、筋肉を強化することに焦点を当てています。そこから、私たちはポールに乗り、スピン、登り、そしてポーズを学びます。そのすべては深刻な筋肉の活性化を必要とします。私が好きなインストラクターのKirstinによって教えられているので、毎週末に楽しみにしています。そして第二に、私はそれをやってから始まって以来、私はポールを逆さまにすることに夢中になっています。私が最後に逆転することができたら、それは私がやりたい唯一のものになりました。私は一週間休暇に行きました。そして私が何とか逆転する能力を失うことを恐れていました。私が家に帰ったとき、私は幾分解き放たれるとすぐに行き、私の柱に逆さになりました。 「嬉しいのは、空港から帰ってから最初にやったことです。笑」私のボーイフレンドは、良いニュースを彼と共有したときに元に戻った.

ああ、それは別のことだ – Incredipoleで一週間に2回は私には不十分だったので、私はスタジオに行けなかった頃に行って自分自身を買って練習した。私の同僚であるビクトリアのストレス解消と同じように、ポールは私のためにそれを行います。私が寒い日を過ごしたとき、私は1時間ポールに乗って気分が良くなるでしょう。私が悲しいときには、私はポールに乗ります – 私は私が泣いていたので、あなたが想像していたようにカタルーニャと狂気のようなものですが、私はとてもうんざりしていましたが、その後。私はちょうど自分に2分の1が必要なとき、私はポールに乗って、私が数週間習得しようとしているバタフライ反転の姿勢に取り組むでしょう。私は地下鉄の駅から通りを渡って住んでいるので、音楽を奏でて、私の陰を下ろしてくれる人がいないので、私のプレイリストが走る限り回転して登り、逆転します.

何よりも、自分が進歩していることを見て、私がこのポール教育の旅を始めたときには完全に不可能だと思ったことはとても満足しています。 Incredipoleが作成したコミュニティは、クラスごとに新しいことを学びます。私が喜んで受け入れている、最も親切で受け入れやすいコミュニティの1つです。私の授業中の女性のなかには、スタジオに出向いてから私と一緒にそのクラスに入っている人もいます。彼らの一人が彼らのために熱心に働いていることを誇りに思う誇りに思います。週。彼らはまた、私が動いているときには辛抱強く励ましています。各クラスには治療とトレーニングの均等なバランスが取られています。そして、私たちがどこにあるのか、私たちが学んだ新しいもの今から1年後.

そしてもちろん、私がかつて強調した体はそれに応じて変化し、それに応じて対応しました。私は今より強く、必ずしも肌理が良いとは限りませんが、それはもう私にとってはそれほど重要ではありません。私の脚は、私の手を使わずに、自分自身を逆さまにすることができなくなったり、極の一番上に登ったりすることができなくなりました。私の腕は基本的に私がしようとしているすべての筋肉です。私は自分のフラットな胃がいかにではないかに焦点を絞っていないし、私の頭の上に私の足を上げることができるように私は腹筋をかける方法にもっと関心を持っています。私は結果として自分自身に親切になったと思う.

とにかく、今週末に私が必要ならば、私はツリーハウスにいます.

Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

26 − = 18

map